こどもの訪問発達サポート Apila

検査の説明とご予約

Apilaで行う訪問検査

発達検査や知能検査は、ただIQを知るだけのものと思われているかもしれません。

それは違います。

IQを出すまでのプロセスにこそ、お子さんとのかかわり方のヒントがたくさん含まれているからです。

Apilaでは、標準化された正式な検査を使い、お子さんの潜在力までしっかり評価します。

そして検査結果をもとに、能力を伸ばすための方法をご提案いたします。

ご予約はこちら

fleximg2

※ご本人の検査自体は30~70分(実施する検査によって異なります)で終わります

※検査実施から結果算出、結果お伝えまですべてその場で行いますので、最大で120分かかる場合があります

検査をおすすめする方

なるべく早く検査したい

経験豊富な担当者に検査してほしい

忙しくて何度も病院に行きたくないから1日で終わらせたい

検診で問題ないと言われたけど不安だからちゃんと検査したい

発達障害ではないけど検査をして能力の伸ばし方やよりよく生活する方法を知りたい

他機関で検査結果を説明されたけど専門用語ばかりでよくわからなかった

他機関で緊張して検査できなかった

Apilaで継続サポートを受けたい

 

 

こんなお悩みはありませんか?

発達障害かもしれない

こどもが発達障害かもしれない
あるいは自分が発達障害かもしれない

つい叱りすぎてしまう

こどもが何度も同じミスを繰り返すから
それをつい叱りすぎてしまう

対応がわからない

自分のこどもが扱いにくい
でもどう対応すればいいのかわからない

 

 

Apilaで検査するメリット

① お子さんのことがよくわかる
検査結果と、検査プロセスの詳細な分析から、お子さんの発達障害の程度を明らかにできます。健常なお子さんであっても、得意なところや不得意なところをしっかり把握することで、今後に役立てられます。 
② 感情コントロールに役立つ
お子さんの発達障害についてあらかじめ知っておくことで、親御さんの接し方が変わってきます。また、能力のバランスを理解することで、お子さんの得意な部分に注目できるようになります。 
③ 適切な対応が可能になる
発達障害のお子さんには特別な対応法があります。検査結果とプロセスから得られた情報をもとに、どのように対応していけばお子さんの能力を効率よく伸ばすことができるのかお伝えいたします。 
④ 詳細な検査レポートをお渡し
機関によっては検査結果を伝えてくれない、IQだけを伝えられてかえって不安が増す、というところがあるようです。Apilaでは、検査をお受けいただいたすべての方に、詳細な検査レポートをお渡ししています。 

 

Apilaと他機関のちがい

ご自宅で検査を受けられる
Apilaのサービスは基本的に訪問で行います(来室も可能)。継続サポートだけでなく、検査もご自宅で受けることができます。

複数の検査で評価
一般的な発達検査・知能検査だけでは評価できない部分があることがわかっています。Apilaでは、複数の検査を組み合わせることで、多くの視点から評価していきます。

何度も通院する必要がない
通常は、クリニックなどで紹介状をもらう→大きい病院で検査→別日に他検査→結果を聞きに行く…と、何度も病院などに行く必要がありますが、Apilaではすべて1日で終えられます。

早く検査できる
公的な療育機関や巡回相談は、数か月~1年近く予約待ちということがあります。Apilaではそのようなことがなく、比較的早くご予約いただけます。

 

ご予約はこちら

検査に際してのお願い

  1. お子さんの検査は30~70分で終わりますが、検査実施から結果算出、結果フィードバックまで最長で120分ほどお時間をいただきます。
  2. 結果について丁寧に説明させていただきますが、医療機関ではありませんので診断は行っておりません。ご了承ください。
  3. 特別な医療ケアを要する方(呼吸器をつけている、てんかん発作がしばしばある)には検査を行えません。
  4. 保護者の方に手話で通訳していただければ、聴覚に問題がある方でも実施可能な場合があります。事前にご相談ください。
  5. 検査では視覚的な図版を見ることが求められますので、全盲の方には実施できません。ご了承ください。