こどもの訪問発達サポート Apila

継続サポートの説明とご予約

Apilaの継続サポート

Apilaでは、検査をお受けいただいた方に、ご希望があればその後も継続してサポートを行っています。

内容は、お子さんの発達促進訓練から学習サポート、保護者さまの発達相談、成人の方の心理療法(カウンセリング)まで幅広く扱っています。

1回の訪問につき90分おとりしていますので、その時間内でサポート内容を自由に組み合わせることが可能です。

  • 40分×2コマ(間に10分の休憩あり)です
  • 成人の方は心理療法のみとなります

 

ご予約はこちら

fleximg2

継続サポートをおすすめする方

発達障害児とのかかわりに慣れた人に担当してほしい

発達障害のグレイゾーン(診断がつかない)と言われて公的サポートを受けられない

学校の勉強についていけない、学習塾に通っているが成績が上がらない

こどもにSST(ソーシャル・スキル・トレーニング)をしてほしい

不登校やひきこもりで外出が難しく定期的な通院ができない

非認知能力をふまえたかかわりをしてほしい

健常児だけど今後のために基礎的な能力を伸ばしたい

定期的に発達相談をしたい

こんなお悩みはありませんか?

忙しくて時間がとれない

短い時間のために
頻繁に療育に通う時間がない

外出するのが大変

幼い兄弟がいるから
こどもを病院に連れていくのが大変だ

発達の相談場所がない

こどもの発達について
定期的に相談できるところがない

 

 

Apilaの継続サポートのメリット

① お子さんの特性に合わせたサポート
一般的な学習塾などでは、先生が専門家ではないため、発達障害児とのかかわりに慣れていないことがほとんどです。Apilaでは、専門家がお子さん1人ひとりの特性に合わせたサポートを提供いたします。
② 余裕をもったサポート時間
Apilaの継続サポートは、1回の訪問で90分おとりします。そのため、短時間の訓練のために頻繁にどこかへ通う必要がありません。
③ 通院のわずらわしさと危険がない
Apilaは基本的に訪問サービス(来室も可能)ですので、幼いお子さんを連れた移動のわずらわしさや危険がありません。ご自宅という安全な場所でサービスをお受けいただけます。 
④ 保護者の方まで対応
Apilaでは成人の方の面接もサービス内容に含まれます。お子さんについての発達相談から、成人の方の心理療法(カウンセリング)まで幅広く対応しています。 

 

Apilaと他機関のちがい

入会金や年会費がない
Apilaでは入会金や年会費をいただいておりません。そのため、空いた時間にお気軽にサポートをお申込みいただけます。

訪問サポートの時間が長い
約2時間と、1回の訪問時間を一般的な療育機関よりも長くとっています。1回数十分のために頻繁に通う必要はありません。

一般的な訪問療育を自費で受ける場合、1時間あたりの料金は10,000円前後であることが多いようです。それに比べて、Apilaの料金は安く設定しています。

夕方以降もやっている
夕方以降の時間帯にも対応しているため、その予約枠であればお子さんが学校や幼稚園、保育園を休む必要がありません。

 

ご予約はこちら