こどもの訪問発達サポート Apila

実行機能(遂行機能)と発達障害

 

さまざまな機能が含まれる実行機能(遂行機能)

「実行機能」と聞いて何を連想されるでしょうか。耳慣れない言葉ですよね。
これは、心理学の領域では実行機能といわれてきた概念ですが、リハビリの領域では遂行機能と呼ばれてきました。
しかしどちらもexecutive functionの訳語であり、意味は同じです。なお、ここでは「実行機能」で統一したいと思います。

自閉症スペクトラム障害は相手の気持ちがわからない、ADHDは落ち着きがない、学習障害は書字や算数ができない、というように、皆さんそれぞれに、発達障害のイメージがあると思います。
しかし、どの発達障害にも、それ以外にたくさん特徴があります。
そして実行機能については、発達障害のなかでも自閉症スペクトラム障害とADHDに深く関係している概念です。

実行機能とは、簡単にいうと、ある課題を実行するための一連の心的機能です。ただ、「一連の心的機能」と言われてもわかりにくいですよね。
これは、詳しくいうと「課題の表象」→「企画(プランニング)」→「課題の遂行」→「望ましくない反応の抑制」→「評価と必要に応じた修正」…という流れのことです。

ただし、ここに「ワーキングメモリー」を含めるとする研究者もいます。
いまだに研究者によって意見が分かれ、統一された定義がありません。
ちなみに、ワーキングメモリーとは、聴いた内容を少しの間覚えて置いたり、内容を覚えておきながら操作する能力のことです。
課題の内容をしっかり覚えていなくては、そもそも課題を実行も遂行もできない、ということなのかもしれません。

さて、実行機能を簡単な図で表すと、下のようになります。

たとえば、ゴミがたくさん落ちている場所で、空き缶だけを集めようとしている人がいるとします。
そしてその人は、その課題を遂行するために、まずは空き缶だけを集めるという課題を「表象」し、それを効率的にこなすためのプランを「企画」し、実際にその課題を「遂行」し、空き缶以外のゴミに反応することを「抑制」し、集め方が効率的であるか「評価」し、そして集め方がよくなければ「修正」する…という一連の流れをたどるでしょう。

上の図のように、それぞれの機能がしっかり組み合わさって、「実行機能」という心的機能を構成しているわけですね。

それではなぜ、この実行機能が発達障害と深く関係しているのでしょうか。

自閉症スペクトラム障害がある人には、一般にこだわりの強さがあります。
頑固で『いつも通り』を愛し、ルーティーンなど自分のいつものペースを乱されることを嫌がるわけですね。
このことには、まず良い部分があります。自閉症スペクトラム障害の人は、興味を持つ対象が限られている場合が多いですが、好きな対象を徹底的にを極めることで、その分野で秀でた才能を発揮する場合があるからです。
また、興味の対象がお勉強だったり、負けず嫌いなところがある人は、高い学歴を得て社会的に成功する場合があります。
しかし見方を変えると、「こだわりの強さ」は、「柔軟性のなさ」と言いかえることができるでしょう。
この柔軟性のなさは、もしかすると「企画(プランニング)」の部分で、要領の悪いやり方を選ぶことにつながるかもしれません。
また、「評価と必要に応じた修正」の部分では、非効率的なやり方にこだわって修正できず、結果として高い能力を発揮できないかもしれません。

一方、ADHDの人についてはどうでしょうか。
ADHDの人は、一般にワーキングメモリーが低いという特徴があります。
また、ADHDで衝動性が高い人の場合、「望ましくない反応の抑制」がうまくできず、結果として課題において本来の能力を発揮できないことがあります。
本来、1つの目的があって課題を実行している最中は、その目的に必要ない刺激に対しては反応せず、抑制する必要があります。
しかし実行機能の「抑制」がうまくできないと、目的とは関係ない刺激が気になって反応してしまい、思うように能力を発揮できないことがあるんですね。

そして成人の発達障害の人の場合、この実行機能の不得意さが日常生活における困難としてあらわれてくる場合があります。
先の見通しを立ててプランニングすることや、段取りをすること、そして要領よく課題をこなすことが不得意なために、仕事において、「使えない」などという不名誉なレッテルを貼られてしまうかもしれません。

ここまでに、「課題」という言葉を使ってきましたが、これはなにも、難しいものとは限りません。
簡単なものから難しいものまで、日常生活において「課題」はたくさんあります。
簡単な部屋の片付けから、難しい料理まで含めて、すべて「課題」だということができます。
特に料理は、何か1つの作業をしながら、それを並行して別の作業をすることが求められますので、発達障害の人は苦手だといわれています。

私たちは誰でも、自分で気づかずに、この実行機能を使って日常生活を送っているといえるでしょう。